参拝作法

手水作法

手水は禊を略式化したものとなり、手水舎(てみずしゃ)で参拝前に手を洗い、口を濯いで浄めます。

現在、新型コロナウィルス感染症予防のため、手水舎はご利用いただけません。

参拝作法

お参りする際は、二礼四拍手一拝の作法で行います。日々の感謝の気持ちを込めて拝礼します。

二回深く礼

二回深く礼

最初に拝(90度の礼)を2回します

四回拍手

四回拍手

右手を少し下げて4回手を打ちます

お祈り

お祈り

手を合わせたまま静かにお祈りします

一回深く礼

一回深く礼

最後にもう一度拝(90度の礼)をします

玉串拝礼

玉串とは、榊(さかき)の枝に木綿(ゆう)または紙をつけたものをいいます。
御神前に奉り、玉串拝礼という形で自らの気持ちをこめてお参りすることで、人の願いが神様に伝わるとされています。

玉串受取

玉串受取

神職より玉串を差し出されたら、右手で玉串の根元を上から持ち、左手で支えるように受取り一礼します

玉串台へ進むまで

玉串台へ進むまで

葉先を祭壇側へ向けるように右に回します。ここでお祈りをして玉串台へ進み、祭壇に向かって一礼します

玉串の向きを変える

玉串の向きを変える

玉串の向きを変えるため、反対に右手側で葉先を支え、左手で根元を持ち、右回りで根元が祭壇へ向くように回します

玉串台へ置く

玉串台へ置く

玉串台に根元を祭壇に向けたまま両手で捧げてください